新大阪駅 徒歩6分、大阪市淀川区西中島のママとこどものはいしゃさん。虫歯や歯周病だけでなく、インプラントや矯正治療、ホワイトニングなども行っています。

やま歯科

〒532-0011 大阪市淀川区西中島6-3-32 第2新大阪ビル2F

御堂筋線 新大阪駅より徒歩6分

診療時間(休診:木・日・祝)

9:30~13:00/14:30~18:00
※土曜 9:00~13:00/14:30~17:30
(土曜は矯正・インプラント診療)

お約束・お問合せはこちらへ

06-6307-1600

Blog

歯のこと ひとりごと

ご存知ですか?本当のこと・・・

やま歯科 院長 山 英俊がいつも語っている、歯についてのいろいろ。一人でも多くの方の目に留まり、一人でも多くの方に歯の大切さに気付いて頂き、一人でも多くの方と"お口の健康を通じて心身ともに健康で豊かな人生"を共有していくことができたら、こんなにしあわせなことはありません。

妊婦さんと胎児と新生児と乳幼児。

2016年7月30日(土)

おはようございます。
7月最終診療日の朝。
夏ーっ!を感じる晴れた朝。
今日も30度を超える夏日とか。
熱中症にお気をつけてくださいね。

さて。

最近、妊婦さんや胎児や赤ちゃんのことについて
学ぶ機会をいただいております。
三つ子の魂百まで・・・といいますが、
大人になった時に、歯がいかに健康な状態か、
歯の大切さをいかに理解しているか、
それは、やはりこどもの頃からの習慣であったり、環境であったり。
お腹の中にいるときのお母さんの習慣であったり、環境であったり。
に深く深く関係してくるようです。

思い切り笑えるように。
大人になっても、同じように笑えるように。

ご自身のために・・・
大切な人のために・・・

歯の大切さを考え直してみませんか?

ポケモンGO。

2016年7月29日(金)

おはようございます。
ポケモン世代ではありませんが、
ダウンロードをしてみました。
なかなか集まりません 笑
ポケモンGOもよいですが、
同じくらいの熱意をもって定期的に歯科医院へもGOを
おすすめいたします。

さて。
先日、とある先生のおすすめの美味しい食べ物のお話しをお伺いしました。
○○の□□がオススメ!
という内容なのですが、
聞いているだけど、もうとっても食べたくなりまして。
お取り寄せができるものもあるとのことで、
折を見てポチっっとしてみたいとたくらんでいます。

で、その先生がオススメされる美味しいものというのが、
添加物などを使っていないもの。
原料・材料にこだわったもの。
ということだったのです。

そもそも、どうしてこだわるようになったか。
それは奥様が妊娠された際に、奥様とお腹の赤ちゃんのことを思い、
身体によいものをと・・・始められたのがきっかけなんだとか。

一見、ただの贅沢と思われることもあるそうですが、
『何にお金をかけるか?』→それはつまり『何に価値を見出すか』
ということ。

価値観って人それぞれですから、
何が正解も不正解もありませんよね。

価値観といえば・・・
歯への価値・意識がまだまだ低い日本。
歯ってとっても価値があると思うのです。
お口の健康って、すんごい価値があると思うのです。

食べられるって、めーっちゃしあせなことだと思うのです。

あなたの歯は、あなたにとっていかほどの価値?

一寸の虫にも・・・。

2016年7月27日(水)

おはようございます。
今朝も少し涼しい?と思ったのですが、
出勤し動き始めたら、そうでもありませんでした^^;
気温というよりは、湿度の高さに暑さを感じます。

さて。

昨日、「一寸の虫にも五分の魂」を知っていますか?
というお話を聞きました。
私は、小さな虫にも小さい魂がある。
という解釈をしていました。

そのお話をしてくださった先生は、

「一寸の虫にも人と同じ五分の魂」

なんだよと教えてくださいました。
小さいからちょっとだけ、ではないんだよ。
人間様なら、他の生き物も同等なのだと。

命の重みに小さいも大きいも関係ないのだと。

解釈やとらえ方は人それぞれですが、
私はこの先生の言葉すっと腑に落ちたのです。

与えられた命を大切に
今日という一日を過ごしたいと思う水曜の朝。

雨。

2016年7月26日(火)

おはようございます。
久し振りの雨。
気温もさがり、少し過ごしやすい朝を感じています。

昨日は妊婦さん、胎児、新生児、乳児、幼児について
お勉強をしました。
改めて思ってこと。

それは、赤ちゃんができてからというよりも、
いつでも安心して赤ちゃんができてもいいように、
身体とお口の健康のこと、ご自身のことを大切にして欲しいなということ。

妊婦検診でむし歯があることがわかりました。
安定期を待って治療をする。
もちろん、治療をすることは大切なこと。
でも、もっと良いのは
妊婦検診で問題なく、安心できることなのではないでしょうか?

むし歯=痛みだけではないので、
痛くないからむし歯ではない、というわけではないのです。

あなたのお口、大丈夫ですか?

ササキデンタルショー。

2016年7月25日(月)

こんにちは。
陽が照ってるけれど、予報は雨。
これから降り出すのでしょうか。
傘を持って行ったほうが良いといわれたけれど、
ついつい忘れてしまいそうです^^

さて。

週末はデンタルショーへ。
院長は別の研修があり、残念ながらいけなかったのですが。
院長含めスタッフ全員が学びの週末となりました。

学んだことは今日からどんどん生かすことで、
より深まるのだと思っています。

インプット→アウトプットですね。

7月最終週。
今週もよろしくお願いいたします。

傘、忘れずに!!

大切なことはひとによって違うからこそ。

2016年7月22日(金)

おはようございます。
髪を短く切った方を見て、また髪をきりたくなりました。
でも、同じように素敵にならないことを知っているので、
思い付きで髪を切るのはやめました^^

さて。

「大切」なことってひとによって違います。よね?
それが価値観の違いなのかなと思うのですが。

例えば、食べるものが大切。
食べるものが身体をつくるのだから、
口にするものはとっても大切!

という、食べるものを第一に大切だと普段から思っているひと。

例えば、楽しくたべることが大切。
せっかく食べるのだから、
楽しく食べることが、
健康な身体つくりにつながるのだからとっても大切!

という、楽しく食べることを第一に大切だと普段から思っているひと。

似てるけど、別なんですよね。
この第一に大切にしていることが違うとき、
『あなたと私の大切にしていることは違うから、
一緒にごはんは食べられない』と、お互いに拒否してしまうと、
身体によいものをたべる機会も、
楽しくたべる機会も失ってしまうのではないかな?と思うのです。

身体によいものを楽しく一緒に食べることができたら、
一石二鳥な気さえするのです。

もちろん、これは大切にしていることが似ているからかもしれません。

 

患者さんのお話をお伺いしていると、
健康でいたいと思っておられるし、
歯は抜きたくないと思っておられるし、
入れ歯や嫌だと思っている。
むし歯は嫌だけど、治療するならきれいにしてほしい。
でも、歯科医院へ行くのは困ったときだけ。
行かない理由は「忙しい、怖い、痛い」。

というのが共通点として多いところ。

その「したい」ことを叶えるために、「嫌な」ことしなくてすむために、
どうすればいいのか・・・。
そのために大切することは、どんな方にとっても違いはないのだと思うのです。

だから、その大切なことに気付いてもらえるためには、
どんなことを、どんな風にお伝えすればよいのかを、
もっともっと考えていかないと・・・

と思った昨夜でございます。

 

あなたにとって、歯は大切ではありませんか?
 

変則診療の木曜日。

2016年7月21日(木)

おはようございます。
昨晩から今朝にかけて、風のおかげかちょっと過ごしやすい・・・
なんて感じていたのは私だけでしょうか。

さて。
本日、木曜日。

なのですが、月曜日が祝日だったこともあり、
診療をしております。
ただ・・・
今週の土曜日は研修のため、休診でございます。
変則的な一週間です。

今日も30度越えの暑い熱い1日になりそうですね。

気付くって大切。

2016年7月20日(水)

おはようございます。
昨日のお月様がとてもきれいで、思わず立ち止まって魅入ってしまいました。
ご覧になられましたか?

さて。
昨日は写真がうまく撮れずに自分で撮った写真を確認しながら
思わず・・・
「へたくそぉーーー!
とつぶやいてしまいました。

院長に聞かれてしまい、へたくそ写真も見られてしまいました 笑

『誰が撮ったの?』「わたしです」

『へたくそだということに気づいて理解できてるなら、とりあえず良し。
自分でも気が付かない、言われても気付かないと終わりです。』とアドバス(?)が。

そうなんです。
どんなに周りの人が気付かせてくれようとしても、
当の本人が気付かなければ、どうしようもないのです。

よかったぁ!気付いてる、私。笑

そして、へたくそよりも、上手に撮りたいと思うから
どうすれば上手に撮れるかを考え試すわけなのです。

 

相手が気付く伝え方もとっても大切だけど、
やっぱり、自ら気付く力が、さらに大切なんじゃない??
と思う水曜の朝でございます。
 

今日もたくさん笑える楽しい一日になりますように☆

歯の神経。

2016年7月19日(火)

おはようございます。
今週末頃だと思っていたのですが、梅雨、あけました!
でも、週末はすこしぐずつくお天気のようです。

三連休。
いかがおすごしでしたか?

さて。
今日は歯の根っこについて、少しだけ。

みなさんは、歯が痛くなって、歯科医院へ行って、治療をしたことがありますか?
痛くなって処置をしたほとんどの方が歯の根っこの処置を受けられたと思うのです。
そして、たいていの方が「神経取ってるから」と言われます。

歯の根っこの神経って、どんなのかご存知ですか?

歯の中にある・・・↑こんな感じ・・・ですね。
これ決して間違いではありません。
が、正解でもないのです。
なぜか・・・

それは、実際の神経は毛細血管の如くとても細かく張り巡らされていて、
イラストのように、ツルンとしてはいないからです。

「神経をとる」簡単に考えがちですが、とても大変な処置です。
どんな神の手を持った先生でも、これを100%残さずに取ることは難しいと思います。
そして、神経をとるということは、その歯の命を奪うということ。
痛みが出てしまうほど、進行させてしまった虫歯や、
外傷などでやむを得ない場合など、状況はさまざまですが、
「神経をとる」ということは、そういうことなのです。

あなたの歯は、生きていますか?

糖尿病と歯周病。

2016年7月16日(土)

おはようございます。
3連休のご予定はいかに?

され。糖尿病と歯周病。
みなさんは、日本の死因原因をご存知でしょうか?
第1位 悪性新生物
第2位 心疾患
第3位 脳血管疾患
第4位 肺炎
第5位 老衰

・・・と続きます。
年代や性別によって多少の違いはありますが、
相対的にみるとこのような結果になっているようです。

で、糖尿病。
糖尿病は第10位に入っています。

糖尿病って、患っておられる方や大変さを近くでみたことがないと、
死に直結するイメージってない・・・と私は思っていました。
たまたまお話をお伺いする方が、軽度の方ばかりなのかはわかりません。

直接の死因では10位に。
そして、この糖尿病は悪性新生物、心疾患、肺炎などの罹患率をあげるという結果報告もでています。
 

最近では多くの方がご存知ですが、糖尿病と深い関係にあるのが歯周病です。
糖尿病=歯周病ではありませんが、
歯周病を治療し、お口の中を出来る限り良い状態にすることで、
糖尿病が改善されることもわかってきています。

 

歯周病が直接の死因になることは稀かもしれませんが、
歯周病が死因にとても大きく影響します。

でも、ご自身が歯周病だと自覚がない方もまだまだたくさんいらっしゃいますし、
歯周病だと知っていても、治療をしない方の方が多いかもしれません。

なぜでしょう?
理由はとても簡単なことだと思うのです。

困っていないから。

そう。重度に進行した歯周病でなければ自覚症状はありませんし、
日常生活で不自由を感じることはありません。

歯科医院へ行く手間や、治療費などがネックになっていることもあるでしょう。
風邪やちょっとした切り傷のように、
そのうち治ると思っておられるのかもしれません。

 

残念ながら・・・
自然に治癒することはありません。
進行速度に個人差はあれ、何もしなければ、静かに進行していきます。
そして、お口の中だけでなく、全身の疾患にもつながっていきます。

 

ご自身の身体・・・
ご自身のお口・・・

もっと大切にしませんか?

インプラント。

2016年7月15日(金)

おはようございます。
7月も折返し。
明日から3連休の方も多いのでは??

うらやましいです 笑

さて。
突然ですが、インプラント。

インプラントって言われると、『歯』とか『歯医者』を連想されるのではないでしょうか?

実はインプラントは歯に限らず、身体中に治療として使用されています。ですので、正確には歯科で失った歯の代わりに埋入されるものは「デンタルインプラント」と言います。

そんなインプラント。
歯を失う前の状態に近いお口の中を再現することが可能です。
取り外す煩わしさはなく、噛むことができます。
自費治療ですので、保険治療に比べると費用がかかります。
インプラントの土台を埋入し、骨としっかり結合するのを待つ必要があるので、治療期間もかかります。

インプラントに限らずですが、治療に絶対はありません。
もちろん、治療を行う際は100%を目指して行います。
でも、ご自身の歯がダメになったのと同じように、原因の改善がなければインプラントもダメになることはあります。

治療にはメリット、デメリットがあり、そのメリット、デメリットは人によって異なります。

高いから、怖いから、時間かかるから、、、、
選択しない理由は、考え方次第で選択する理由になることもあります。

安くていい、さっさとやって。
あなたにとって、歯やお口の健康という価値は、
ファーストフードと同じ・・・ですか?

あなたにとって歯は、どれくらいの価値がありますか?

2013年。

2016年7月13日(水)

おはようございます。
やま歯科についたら、ザザ降りになりました。
今日も雨の1日になりそうですね^^

今朝、宅配便を出しにコンビニに行きました。
『お届はいつにしますか?』と訊かれたので、
明日の午前中でお願いしました。

『明日の午前中ですね』と、伝票に記入してくれました。

「2013年7月13日」

 

・・・。
どう見ても2013年。
機械で処理するので、記載が2013年でも問題はないと思う・・・
のですが、やっぱり何かあった時に困ってはいけないと

「すみません・・・。2016・・・年・・・?」

とお伝えしたら、『!!!

『過去に戻ってしまいましたね 笑』

と訂正してくれました。笑

 

タイムマシンのような伝票。
あったらいいな。
もし、書いた年に戻れるのなら・・・。
私は何年と書くだろう?そんなことを考えたレジ前。

みなさんは戻りたいあの頃、ありますか?

せみの声。

2016年7月12日(火)

おはようございます。
雨で始まった火曜の朝。今朝はそんなに聞こえなかったのですが、7月に入り途端にせみの声がし始めた気がするのは私だけでしょうか?

気づけば陽もだんだん短くなり、暑さはまだまだこれからなのに、確実に秋に進んでいるのですね。

今年もなかなか、追われ気味で半分を過ぎてしまったと感じている私。目に見えるもの、見えないものに常に追われております 笑

誰か、助けてくださいませんか?笑^^
学歴はといません。歴はなくとも、しっかりと頭を使って考えることの出来る方なら大歓迎。

歯科衛生士、受付助手募集しています。
 

お父さん、思い当たる。

2016年7月9日(土)

おはようございます。
雨ですね。降り続きますね。
暑さが少し落ち着いたように感じます。
でも、、、そろそろやんで欲しいなと願う週末の朝。

さて。
「お父さん、思い当たる」の巻。

先日、質問をうけました。

『3歳になる我が子に虫歯がある。
自分がうつしてしまったのでしょうか。
スキンシップには気をつけていたのですが・・・』と。

お父さんは、自分に虫歯があって、
それが原因で子どもも虫歯になったのではないだろうか?
と、質問をしてくださったのでしょう。

このお父さん。
ご自身の歯に大きな虫歯がありました。
虫歯を見ても、「歯磨きをしているのだから、そんな馬鹿な・・・」的に、
どうしてもその現実をなかなか受け止めることができなかった方です。

虫歯の原因は、歯ブラシだけではありません。

お口の中を清潔にすることは虫歯(歯周病)予防の基本ですが、
それをしたから虫歯にならない、わけではないのです。

極端な話、1日3回、10分かけて徹底的に口腔内清掃をしたとしても、
それ以外の時間に、ずーっと飴、ガム、ジュース、何かしら口の中に入っていれば、
虫歯になるだろうと思われます。

遺伝的な歯質ももちろん関係あります。
同じ生活をしていても、虫歯になる人とそうでない人がいるように。

ただ・・・
お子さんの歯がすでに虫歯・・・

一番考えられるのは、飲食習慣なのです。
 

『お食事以外の間食はどうですか?』

間食として口にするものの種類、量、時間。
お父さん、心当たりがあるご様子。

どうやら虫歯の原因について思い当る事があるようです。
そして、お子さんは歯ブラシを嫌がってやらせてくれないこともわかりました。

子どもも大人もそうなのですが、
いくら虫歯を治療しても、
虫歯を作らない習慣を身につけなければ、
いずれ、歯がダメになってしまいます。

残念ながら歯の治療は無限にはできないのです。

七夕の願い事。

2016年7月8日(金)

おはようございます。
数日ぶりのしっとりとした朝。
雨は明け方からだったのかな?
織姫と彦星が逢えていたらいいな。と思う朝。

笹の葉に短冊・・・。
久しく願いごとをしておりません。
いやしく願い事はたくさんあるのですけれど。
純粋な願い事は、ずいぶん少なくなったような気がします。

考えてみると、日々小さな願いごとを常にしているような気さえします。

全てが叶うわけではありませんが、叶っていることも多々。そして、ついつい忘れがちなのが感謝の気持ち。日々のその小さな出来事に、感謝できる余裕を持って、一日を過ごしたいものです^^

 

みなさんが短冊に込める願いごとはなんですか?

咲いた。

2016年7月6日(水)

おはようございます。
大きな台風が発生しているみたいですね。
第1号なんだとか・・・。
発生しないのも問題なのかもしれないけれど、できれば影響は最小限にしてほしい・・・
と勝手なことを思う水曜の朝です。

先日の蕾ちゃん。
咲きました!といっても、まだ7分?8分咲き。
私の中のひまわりは、大きい!!ってイメージなのですが、ミニひまわりはその名の通りミニ。
ひまわり・・・?と思ってしまうのですが、種の袋にはちゃんとその名がついておりました。

小さくてもいいんです。
花が咲いてくれたことが嬉しいですねぇ♪

人もきっと同じ。みんな違う花の基(タネ)を持っています。
大輪のひまわりだったり、小さな花をたくさん咲かせるカスミソウだったり、とげはあるけど美しいバラだったり、どんなとこでも根を張り咲けるタンポポだったり・・・。

同じじゃなくてもいい。
種類も咲くタイミングも。
でも、せっかく持ってるその花の基(タネ)。
最後に咲かせることができるかどうかを決めるのは、周りや他人(ひと)ではなく、その人自身ではないかと思うのです。

 

みなさんの花はどんな花ですか?

インプラント。

2016年7月5日(火)

おはようございます!
まだ、梅雨あけてませんが、猛暑日の予報。
熱中症、注意したいですね。
温度管理とこまめな水分補給。
しつこいようですが、スポーツドリンクの飲みすぎは注意です。

さて。やま歯科入口階段に立てかけているイーゼル。
インプラント編。

インプラントって聞いて、"怖い、高い"と言われる方と、とても前向きにとらえられる方がいらっしゃいます。
怖い気持ち、分かる気がします。
未知の世界です。歯茎を切って、顎の骨にチタンでできた土台を埋め込む・・・。
なんて、私も歯科で働いていなければ、多分怖かったです。

で、怖いし嫌だなぁと思っているので、おそらく入ってくる情報も、怖くて嫌なことが多いのではないでしょうか。
『痛いらしい、腫れるらしい、、、、危ないからやめときな』
そうして、『ほら、やっぱり。だから怖いし嫌なんだ。
』と。

逆に前向きにとらえられる方は、やりたい気持ちがあるので、そこを後押ししてくれる情報が入ってきます。『食べられる、噛める、入れ歯よりもお手入れが楽。是非やってみたらいいよ』そうして、『よし、やろう。』と。

 

インプラントを選択されると、歯を失う前に近い状態を再現することができます。
噛めますし、ご自身で取り外すことはないので、お手入れも今までと同じように行えます。

でも、、、歯を失った原因が解決していないと、
インプラントもご自身の歯と同じようにダメになります。
セルフケアや生活習慣など、改善が必要な方もいらっしゃいます。

また、インプラントは人工のものですので、基本的に痛みを感じることがありません。
喫煙者であれば、歯茎からのサインである出血も起こしにくいため、
状態が悪くなっていたとしても、見つけにくことがあります。

『痛くないから大丈夫』という考えだと、そんなに長くは持たないかもしれません。

 

インプラントって、すばらしいなって私は思っています。
でも、インプラントが絶対だ!とは思っていません。
だって、ご自身の歯でずっと噛めるのが一番いいと思うからです。

インプラントで噛める楽しみをもう一度手にすることができるのも本当。
ご自身の歯がダメになるお口の中ではインプラントもダメになるのも本当。

もしも、あなたが歯を失ったとしたら、
どんな選択をしますか?

 

晴れた日の。

2016年7月4日(月)

おはようございます。
今日も暑そうです。
何もしていないのに、汗がだらり。
水分補給をしっかりと!スポーツドリンク系の飲みすぎ注意!!ですよ。

晴れた日の朝の私のひそかなお楽しみ。
院内がえぇ感じの明るさで、その空間にいると、ちょっと癒されるのです。

窓からの光だけで、結構明るくて。
ただ、陽をあびて、自分が目覚めてるだけ・・・なのかもしれません。

もう1つのお楽しみ。
それが水やり。
数年前に頂いたハイビスカスの鉢に加え、今年はミニひまわりを育み中。
出てきた可愛い二葉を間引きすることができず、
結局そのまま7芽。
背丈はちいさいけれど、花びらができてきました。
開花まであと何日くらいなのでしょうか♪

今週もよろしくお願いいたします。

つもり。

2016年7月2日(土)

おはようございます。
気持ちよく晴れた朝ですが、、、暑いです^^;
汗がじんわり。梅雨明けを夏がすぐそこで待っているようです。

さて。今日は「つもり」の話。
以前とっても大きな虫歯を作って来られた方のお話。
来院されたきっかけは、『歯が欠けたから』。
自発痛はなく、欠けたところに物が挟まると痛いからと言って来られました。

お口の状態は、欠けたところも含めてあまり良くありません。検査をし今の状態をお伝えしますが、反応は軽い感じ。

"歯がちょっと欠けただけだから、そこが埋まったら大丈夫"くらいに思っておられるのかな・・・。
そんな印象でした。

わからなくもありません。
実際にご自身が見ると、右の写真のような状態だからです。

ただ、ご本人が思うような、「ちょっと」欠けただけの状態ではないこと。

自発痛がないことの方が、ちょっと不思議なくらいの大きな虫歯だということ。
『むし歯がありますよー!』と改めて(心の中で)声を大にしてお伝えします。

 

えーーー?虫歯あるんですか?

 

毎日歯磨きしてるつもりなんやけどな。

 

ここから、私はこの方の口からこの台詞を何度となく聞くことになりました。
当日は自発痛もないので処置はいらないと言われ、後日処置を始める予定を立てました。
お帰りになるその時まで「毎日歯磨きしてるつもりやったのに」と仰います。

 

ところが、お約束の日を待たずに痛みが出始め、急きょ処置を始めることになりました。

ここまで虫歯が進行すると、ほとんどの場合神経を取る処置を始めます。
麻酔をし、歯を削り、神経の管の中の処置をします。
言葉が悪いかもしれませんが、神経を取る処置をするということは、歯が死んだということです。

治療後に「虫歯大きかったですか?」と訊かれました。

・・・。
もう一度レントゲンをお見せして、その状態をお伝えし確認してもらいます。

 

毎日歯磨きしてるつもりなんやけどな。

 

 

そうなんです。
歯磨きしてるつもり。なんです。
歯磨きをして、きちんとお口の中をきれいにしているのではなく、
歯磨きをしてるつもり、なんです。
だからなんです。
だから、だから、結果が虫歯なのです。

 

みなさん?
歯磨きしたつもりになっていませんか?
本当にお口の中はきれいになっていますか?

 

つもりは結局、つもりでしかなく、
できている、ということではないのです。

 

くすり。

2016年7月1日(金)

おはようございます!
7月ですね。
今日は梅雨の晴れ間。

傘要らずで過ごせそうですね。

くすり。
くすりって、身体の不調を治してくれるとてもすごいもの、だと私は思っています。
でも、できるならくすりを飲まずに過ごしたいとも、思っています。

そもそも、特別なケースを除いて、くすりを飲まなくても健やかに過ごせるのが、本来の健康ではないのかな?と思っているからです。

普段から普通に毎日を暮していると、そのこと自体のありがたさを忘れてしまいがちです。
私もありがたいことに、あまり風邪もひきませんし、
どこかが痛くなることもほとんどありません。

先日から、珍しく頭痛が続いていて、どうにも我慢できずに痛み止めを飲んだのです。

ピタッ!

と痛みが治まりました。
ありがたいなぁ。と本気で感謝しました。
仕事や目の前のことに集中できるからです。

でも・・・
ある程度の時間が経つと、また頭痛が始まるのです。

どうしても我慢できなくなると、また1錠。・・・また1錠。
そんなことを2,3日の間繰り返しました。

症状を抑えてくれるくすりに感謝をしたのは本当です。
でも、怖くなったのです。
飲んだら消える痛み。
時間とともに復活する痛み。

これって・・・
治っているのではなく、ごまかしてるだけじゃないのかな?
こんなにつらい痛みを消すくすりって・・・。と。

このままずっとくすりを飲み続けなくてはいけないのかな?と。

薬は、サプリメントや補助食品ではありません。
薬物です。

できるなら、服用せずに済む方が良いのだと思うのです。

病気はくすりで治すのではなく、
そもそもの原因を解決することで、治せるものも多いはず。

くすりのこと、自分の身体のこと。
今一度、考えてみませんか?

お約束・お問合せはこちら

お約束・お問合せはこちら

06-6307-1600

診療時間:9:30~13:00/15:00~18:00
※土曜は9:00~13:00/15:00~17:00

休診日:日曜・木曜・祝祭日

診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 9:30~13:00
午後 14:30~18:00

※土曜日は矯正、インプラント等、その他自費診療を優先診療とさせていただいております
午前 9:00~13:00
午後 14:30~17:30

休診日

木曜・日曜・祝祭日

お約束・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

06-6307-1600

アクセス

06-6307-1600

住所

〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-3-32
第2新大阪ビル2F

地下鉄御堂筋線
新大阪駅より徒歩6分