implant

インプラント治療のこと

インプラント治療とは?

歯科でのインプラント治療とは、失った歯の代わりにチタンなどの人口歯根を顎の骨に埋入する治療のことです。インプラント治療に限らずですが、メリット・デメリットがあります。

インプラントの構造

まず、インプラントの構造です。

顎の骨に埋入する人工の歯根がインプラントです。近年では、生体親和性の良い、チタンやチタン合金が使用されます。

インプラントは歯茎の中に埋まっています。このままでは歯冠を修復できませんので、アバットメントを用いて、被せ物(上部構造)とインプラントを結合します。

インプラント治療には、「インプラント」「アバットメント」「上部構造(被せ物)」が必要なのです。

インプラント治療という選択肢

インプラント治療は、ご自身の歯を失った時の選択肢の1つです。

① インプラント

② ブリッジ

③ 入れ歯

④ 何もせずそのまま過ごす 

歯を失った時、大きく分けて4つの選択肢があります。
ご希望、失った歯の場所、年齢、お口や身体の状況などから今後の治療を決めていきます。

インプラントのメリット・デメリット

-メリット-

□ 両隣の歯を削る必要がない

□ 歯を失う前と近い状態になる

・見た目、食事、お手入れなど、

-デメリット-

□ 保険適用外

□ 治療期間がかかる

・インプラントが骨にしっかりと結合するまで

・・・などがあげられます

勘違いされやすいこと

× インプラントは生涯大丈夫だ

→ご自身の歯が悪くなるのと同じく、インプラントもダメになることがあります

× 誰でもどんな状態でも治療ができる

→歯周病、全身疾患や喫煙などにより、すべての方に治療ができるわけではありません

治療後に忘れないでいただきたいこと

□ インプラントはむし歯になりことはありませんが、
  インプラント周囲炎になる可能性はあります。
  インプラント周囲炎とは、インプラントの歯周病だと
  考えて頂くとわかりやすいかもしれません。

□ 歯周病と同じく、インプラント周囲炎が進行しても
  痛みを感じることはなかなかありません。

□ インプラントは顎の骨にしっかりと結合することで
  以前のように噛むことができます。
  垂直的な力には強いですが、左右前後にかかる力には
  あまり強くないと言われています。

□ 毎日のセルフケアと定期的なプロフェッショナルケア
  がご自身の歯も含めてよい状態で長持ちをさせる秘訣
  です。

□ インプラントのメインテナンスは保険適用外です。

お約束・お問合せはこちら

お約束・お問合せはこちら

06-6307-1600

診療時間:9:30~13:00/14:30~18:00
※土曜は9:00~13:00/14:30~17:00
 (矯正・インプラント)

休診日:日曜・木曜・祝祭日

診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 9:30~13:00
午後 14:30~18:00

※土曜日は矯正、インプラント等、その他自費診療を優先診療とさせていただいております
午前 9:00~13:00
午後 14:30~17:30

休診日

木曜・日曜・祝祭日

お約束・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

06-6307-1600

アクセス

06-6307-1600

住所

〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-3-32
第2新大阪ビル2F

地下鉄御堂筋線
新大阪駅より徒歩6分