新大阪駅 徒歩6分、大阪市淀川区の歯科医院。むし歯や歯周病だけでなく、インプラントや矯正治療、ホワイトニング・スーパーエナメルなども行っています。

開業26年の豊富な経験と高い技術

〒532-0011大阪市淀川区西中島6-3-32第2新大阪ビル2F

診療時間(休診:木・日・祝)

9:30~13:00/14:30~18:30
※土曜 9:00~13:00/14:30~17:00

お約束・お問合せはこちらへ

06-6307-1600

tooth contacting habit

TCHのこと

TCHとは?

Tooth Contacting Habitの略でTCH。その名の通り歯を接触させる習慣のことです。
正しい顎の関節の位置を保てていれば、リラックスして口を閉じている時には、
上下の歯と歯は接触せず、1~2ミリ程度の空隙があります。

無意識の時、あなたの歯と歯は触れ合っていませんか?

歯の接触時間の目安

食事や会話など、上下の歯と歯が接触する時間の目安は1日およそ20分程度。それ以上は原則必要がありません。重たいものを持ったり、スポーツなどで瞬発的な力を出すために、グッと食いしばることがあるかもしれませんが、プロスポーツ選手など、特別な場合を除いて、それらは日常的動作ではありません。

また、瞬間的に力を加えることがあっても、継続して何時間も"食いしばる"ということは、スポーツ選手でもないのではないでしょうか?

食事の際の咀嚼。健康のために1口20回噛むとしましょう。それでも1度の食事で歯と歯が接触する時間はそんなに多くありません。

会話も然り。他国の言語はわからないのですが、日本語は上下の歯と歯を接触させて出す音はありません。

と、考えると1日20分も納得して頂けるのではないでしょうか?

歯が接触する1番多い理由

一番わかりやすく、多くの方にあてはまるのは、就寝中の歯ぎしり・食いしばりです。
歯ぎしりはギリギリと音がするので、本人や周りの人も気付きやすいのですが、食いしばりとなると、音もしないので、なかなか気づけないことが多いようです。

朝、起きた時に顎が疲れている、口が開きにくいなど、痛むまでではないものの、違和感を感じることがあれば、あなたも知らない間に歯ぎしり・食いしばりをしている可能性が高いです。

また、多少の歯ぎしり・食いしばりは、ほとんどの方が無意識で行っていると言われています。

問題は、その自覚の有無、力(負担)のかかり具合、時間の長さだと思います。

※朝昼晩№35より

TCHセルフチェック

1.姿勢を正しくして、正面を向きます

2.唇は力を入れず、上下を軽く接触させます

3.その状態で上下の歯が接触しないように

  軽く話してください

→違和感なし  TCHの心配はなさそう

→違和感あり  TCHの可能性があります

お約束・お問合せはこちら

お約束・お問合せはこちら

06-6307-1600

診療時間:9:30~13:00/14:30~18:30
※土曜は9:00~13:00/14:30~17:00

休診日:日曜・木曜・祝祭日

スーパーエナメルはこちら

インビザラインはこちら

診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

平日:
午前 9:30~13:00
午後 14:30~18:30

土曜:
午前 9:00~13:00
午後 14:30~17:00

休診日

木曜・日曜・祝祭日

お約束・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

06-6307-1600

アクセス

06-6307-1600

住所

〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-3-32
第2新大阪ビル2F

地下鉄御堂筋線
新大阪駅より徒歩6分